シャンプーすると髪が抜けるからって洗髪しないのってダメ

洗髪の目的を知って行うようにする

秋になると抜け毛が多くなると言われます。夏は非常に日差しや紫外線が強く、頭皮に影響を与えます。そのために抜けやすくなるようです。普段からも抜けやすいですが、シャンプーをすると余計抜け毛が多く感じるかもしれません。怖くてシャンプーができない人もいるようです。シャンプーの目的は、頭皮の状態を清潔に保つところにあります。ですから適度にシャンプーをする必要があるでしょう。シャンプーをせずに不潔な状態になると、育毛剤を利用したとしても効果が薄れてしまいます。注意したいのはシャンプーのし過ぎです。朝と夕の2回行う人がいるようですが、あまりし過ぎると保湿成分などが流れてしまいます。適度に行い、そのうえで育毛剤を使うと良いでしょう。

爪を立てるのではなく指でマッサージ

子供のころは自分でシャンプーができない子もいます。親にやってもらうと、親にやってもらった方法を受け継いでそれをそのまま続けているかもしれません。良く行う方法として、爪をしっかり立てて頭皮をかき回す方法です。爪を立てると、非常に気持ちがいいため、いかにも清潔になった気分になります。しかし、爪を立てて肌をこすれば、他の肌であれば傷がつきます。頭皮も同様に傷がつき、頭皮の状態が悪くなります。それが影響して抜け毛が増える可能性があります。これは育毛剤を利用するときも同じです。シャンプーをするときも、指でマッサージをするように頭皮を洗うようにします。育毛剤も、頭につけたらそれを指で馴染ませるようにすれば、抜け毛を減らせるかもしれません。